相続不動産売却の流れ②

『不動産を相続して売却したいけれど、出来るだけ手間を掛けずに売却してしまいたい。』

当事務所では、こういったご相談を受けることがとても多いです。
そこで今回は、相続した不動産を手間を掛けずに売却するときの流れを、町田・相模原の司法書士がご説明します。

1.不動産買取会社に査定を依頼する

不動産を売却するときには、まずは複数の不動産買取会社に査定依頼を出します。これにより、不動産が机上査定でいくらで売れるかが明らかになります。

2.内見

査定依頼を出して、購入に意欲的な買取会社に対してのみ、不動産の中身を見せる「内見」を行います。机上査定から実際の金額での、購入の申込みが入ります。内見時には弊所スタッフが鍵等をお預かりして立ち会わせて頂きますので、相続人の方のお手間は掛かりません。

3.売買契約を締結する

基本的には購入申し込みをしてきた複数の会社のうちもっとも良い条件の会社と売買契約を締結します。契約書については不動産買取会社が作成したものを弊所でリーガルチェックさせて頂きます。

4.決済と引き渡し

決済日が来たら、残代金の支払を受けて、不動産の引き渡しを行います。

以上が相続した不動産を手間を掛けずに売却するときの流れです。通常の手続きよりもだいぶ簡略化されますし、不動産仲介会社に依頼しませんので、仲介手数料もかからず、スピーディーな現金化が可能です。

当事務所では、不動産買取会社だけでなく、売却につきものの残置物撤去の会社や解体会社とも提携しており、不動産の相続、売却、登記までワンストップでお手伝いすることができます。
町田・相模原で相続不動産の売却をお考えであれば、是非とも一度、ご相談下さい。


相続・遺言無料相談受付中 0120-561-260

新着情報・解決事例・お客様の声

PAGE TOP