家族信託を司法書士に依頼するメリット

家族信託(民事信託)を利用する場合、自分達だけで対応しようとしてもうまく活用できず、失敗してしまう可能性もあります。

より確実に希望を実現するためには、司法書士などの専門家に依頼するのが良いでしょう。

今回は、家族信託の手続きを司法書士や家族信託専門士に依頼するメリットをご紹介します。

1.自分たちに適したスキーム作りができる

家族信託を利用するときには、契約締結前の「スキーム作り」が非常に重要です。

スキームとは、受託者や受益者を誰にするのか、どのような財産を委託するのか、どういった方法で財産管理や処分をしてもらうのか、最終的に財産を誰に帰属させるのかといった、具体的な家族信託の骨子のことです。

たとえば「認知症になったときの財産管理方法を決めたい」「障害のある子どものために財産管理をしたい」「死後に妻のために財産を使ってもらい、その後は孫のために財産を使ってほしい」などのさまざまな家族信託の目的を実現するには、それぞれのケースで異なるスキーム作りが必要となります。

法律に詳しくない方の場合、誰を受託者、受益者としてどのような財産管理方法をすれば希望を実現できるのか、判断がつかないので効果的な家族信託の活用が難しくなります。

司法書士であれば、当事者の方からのご要望をお伺いして、その内容を確実に家族信託のスキームに落とし、希望を実現することが可能です。

2.煩雑な手続きを任せられる

家族信託の手続きは、後見制度ほどではありませんがかなり煩雑です。

家族で話合いをしなければなりませんし、契約書を作成したりそれを公正証書化したり信託用の口座を開設したりすることも必要です。

司法書士に任せていれば、契約書や公正証書の手続きは司法書士を通じて行えますし、家族への説明や信託口座開設などについてもその都度司法書士がアドバイスしますので、円滑に進みます。

3.不動産登記もスムーズにできる

不動産を信託財産とする場合、「信託登記」という特殊な登記が必要です。素人の方にはハードルが高く感じることも多々ありますが、司法書士は登記の専門家なので、任せていれば問題なく登記を完了できます。

4.問題が起こったときに相談して対応してもらえる

家族信託契約を締結後、何らかの事情でトラブルが起こったり、契約のやり直しをしたくなったりすることもあります。

そのような場合でも、もともとの信託契約設定時から司法書士が関与していれば、事情をよく知っているのでスムーズに解決できる可能性が高くなります。たとえばご家族の状況が変化して受益者や信託財産を変更したくなったとき、司法書士が適切に契約書の内容を書き換えて信託契約を締結し直すことなどが可能です。

町田・相模原で家族信託による相続対策に関心をお持ちの方は、是非とも一度、ご相談下さい。


相続・遺言無料相談受付中 0120-561-260

新着情報・解決事例・お客様の声

PAGE TOP