相続対策にもなるさまざまな不動産の活用方法

□土地や建物を所有しているけれど、もてあましている・・・。

□子供たちに負担をかけたくないので、早期に不動産を手放した方がよいのだろうか?

□有効な不動産活用の方法を知りたい。

□不動産の有効活用には手間がかかるので、一括で任せてしまいたい。

 

不動産活用に関してお悩みやご要望がおありなら、相続や不動産に強い町田の司法書士事務所がご相談に乗らせて頂きます。

 

1.さまざまな不動産活用方法

不動産活用には、以下のようにさまざまな手法があります。

ただもちろんどの有効活用の方法にも、長所や短所がありますので、ご相談者様ごとに不動産の有効活用やそれ以外の対策を組み合わせることが非常に大事になります。

1-1.賃貸アパート建築、運営

賃貸アパートの建築や運営は、非常にオーソドックスな不動産活用方法です。

賃料収入も入ってきますし、賃貸することによって不動産そのものの相続税評価額を下げられます。

収益物件という資産を子供達に残してやれるのもメリットとなるでしょう。

1-2.区分マンション賃貸運営

区分マンションも基本的には賃貸アパートと同じです。土地が不要で、1室から購入できることなどがメリットとなるでしょう。

1-3.駐車場

土地を所有しているなら、駐車場にするのも1つの方法です。多額のローンを組んで賃貸アパートを建築するリスクを取りたくない場合や、将来土地を売却したり自己使用したりする可能性があるなら駐車場はお勧めです。

1-4.太陽光発電

大きな土地を所有しているならば、太陽光発電装置を作って運営するのも1つの方法です。田舎などで他の活用方法がないときなどに検討しましょう。

1-5.トランクルーム

都会で需要がある場所であれば、トランクルームを設置するのも1つです。居住用の賃貸住宅と違い、解約も容易なので転用が簡単なメリットもあります。

 

2.不動産活用、資産の組み替えのお手伝い

当事務所では、不動産会社やハウスメーカーなどと提携関係があり、各種の不動産活用の支援業務も行っております。

 現在遊ばせている土地がある場合や利回りの低い収益不動産がある場合などには、より効果的に収益を得られる方法をご提案いたします。たとえば有利な条件で売却を進め、他の収益不動産への買い替えることも可能ですし、老朽化した建物の建て替えのお手伝いもいたします。

税理士やハウスメーカー、不動産仲介会社などと提携しているので、計画、売却、建築、

活用、不動産登記、税金の申告、納税までワンストップで不動産の有効活用を進めます。

 「不動産の有効活用には関心があるけれど、まったく知識がないし、大げさなのはちょっと…」という状態でも、町田の司法書士が丁寧に状況をお伺いしてアドバイスをいたしますので、安心して、ご相談ください。


相続・遺言無料相談受付中 0120-561-260

新着情報・解決事例・お客様の声

PAGE TOP