遺産分割協議

ここでは、遺産分割協議について遺産分割の方法、相続人の確定及び遺産(全ての相続財産)の調査ができた上で作成する遺産分割協議書についてまとめています。

遺産分割協議の種類

遺産分割には「指定分割」、「協議分割」の2種類あり、遺産分割の方法としては「現物分割」、「換価分割」、「代償分割」、「共有分割」の4つがあります。

詳しくは、遺産分割協議の種類をご覧ください。

現物分割のメリットデメリット|不動産の相続方法

相続人が不動産を遺産分割する方法としては「現物分割」がもっとも基本的で分かりやすいです。
現物分割とはどのような方法で、メリットやデメリットはどのような点にあるのか押さえておきましょう。

 詳しくは、現物分割のメリットデメリット|不動産の相続方法をご覧ください。

代償分割のメリットとデメリットについて

相続した不動産の遺産分割では「代償分割」を選択するケースが非常に多いです。代償分割とは、ある相続人が不動産を取得し、他の相続人に「代償金」を支払って清算する方法です。

詳しくは、代償分割のメリットとデメリットについてをご覧ください。

換価分割のメリットとデメリットについて

換価分割とは、相続した不動産を売却してしまい、売却金を相続人同士で分け合う遺産分割の方法です。換価分割にはどのようなメリットやデメリットがあり、どういったケースに適しているのでしょうか?

詳しくは、換価分割のメリットとデメリットについてごらん下さい。

 

遺産分割協議の注意点

遺産分割協議を行う際には、いくつかのポイントがあります。
出来る限り少ない話し合いで合意を見出しましょう。

詳しくは、遺産分割協議の注意点をご覧ください。

遺産分割協議書の作り方

遺産分割協議書は必ず作成しなければならない書面ではありませんが、後日のトラブルを回避するためにも作成をお勧めします。
「相続人の範囲」、「相続財産の範囲」、「分割方法」、「新たに相続財産を発見したときの対処方法」、「作成日付」、「相続人全員の署名・実印押印」の6点を明記してください。

詳しくは、遺産分割協議書の作り方をご覧ください。

遺産分割の調停・審判

遺産分割協議が成立しない場合は、「遺産分割の審判」を管轄の家庭裁判所に申し立てる事ができます。

詳しくは、遺産分割の調停と審判をご覧ください。


相続・遺言無料相談受付中 0120-561-260

新着情報・解決事例・お客様の声

PAGE TOP