相続の基礎知識

人が亡くなれば、必ず発生するのが相続であり、避けては通れないものです。
相続は複雑な手続きが多く、その対応を誤りますと、場合によっては大きく損をしてしまう場合がございます。

ここでは相続の基礎知識をご説明いたします。

相続が発生したら

人が亡くなれば、必ず「相続」が発生します。
相続には複雑な手続きが多く、間違った手続きをすること、あるいは適正な手続きをしないことで、場合によっては大きく損をしてしまう場合がございます。
複雑で困難な手続きは是非とも専門家へお任せ下さい。

詳しくは相続が発生したらをご覧下さい。

法定相続と相続人

被相続人(お亡くなりになった方)が生前に遺言をしていなかった場合、民法では、誰が相続人となるのか(法定相続人)を規定していますが、さらに各相続人が受け継ぐ財産の割合(法定相続分)についても規定しています。
この、民法のルールに従った相続を『法定相続』と呼びます。

詳しくは、法定相続と相続人をご覧ください。

遺産の分類と相続方法

遺産や相続財産とは、亡くなった方が残した「権利と義務」のことをいいます。
つまり、遺産には、不動産や金融資産といった、プラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も含まれるということです。

詳しくは、遺産の分類と相続方法をご覧ください。

不動産を相続した~そのまま何もしないとどんな問題があるの?

  • □不動産を相続したけれど、揉めるような相続人もいないし、時間とお金を掛けて遺産分割協議をするのが
  •  面倒なので、このまま放置してはいけないのだろうか?
  • □あまり親しくない他の相続人と話合いをするのが難しそうなので、しばらく共有のまま置いておきたい。

日々のご相談を受けている中で、下記のようなお話を良く受けることがございます。

詳しくは、不動産を相続した~そのまま何もしないとどんな問題があるの?をご覧ください。

不動産の相続登記をせずに放置する問題点

  • □遺産分割協議をして不動産を相続することになったけれど、登記の名義書換は面倒…。
  • □不動産を相続しても登記は義務ではないと聞いた。登記せずに放置していても良いの?
  • □名義書換の登記をするとお金がかかるので、しばらく父の名前にしておこう。

上記のように不動産を相続しても、きちんと相続登記をせずに名義を被相続人のままにしてしまう方がおられます。

詳しくは、不動産の相続登記をせずに放置する問題点をご覧ください。

相続した土地建物を有効活用する方法

  • □実家の古い家(土地建物)を相続したけれど、管理も面倒で放置している…。
  • □不動産の活用に関心があるけれど、建物が老朽化していて活用のしようがない。
  • □田舎の土地の活用方法を知りたい。
  • □土地活用できず固定資産税ばかりかかるので、売却したい。

    詳しくは、相続した土地建物を有効活用する方法をご覧ください。

 

相続手続き必要度チェック

相続手続きは70種類以上の手続きが必要といわれています。
ご自身がどのような手続きが必要かをチェックしてみましょう。

詳しくは、相続手続き必要度チェックをご覧ください。

相続手続に必要なもの

相続には複数の書類などが必要です。不足している書類などがないか確認しましょう。

詳しくは、相続手続に必要なものをご覧ください。


相続・遺言無料相談受付中 0120-561-260

新着情報・解決事例・お客様の声

PAGE TOP