自筆証書遺言書の内容を確認して欲しい

4

状況

 相模原市に住む70代のご夫婦からの、ご自身で作成された自筆証書遺言書の内容を確認して欲しいというご相談でした。

 遺言書の様式を確認する前に、まずは、ご家族の状況や資産状況の確認をさせていたただいたところ、家族構成は、ご夫婦の他に静岡にお住いのご長男様に、町田にお住いのご長女様でした。財産は、ご自宅と預貯金1500万円ほどでした。ご夫婦の意向としては、どちらが先に亡くなるか分からないので、財産を全て残された夫婦の一方とする内容の遺言書をご持参しておいででした。

司法書士からの提案

レジェメ笑顔 遺言書の様式は、非常にシンプルなものですが、自筆証書遺言の要件をクリアしているものでした。ただし、この遺言書には、他の相続人に対する遺留分の考慮や、遺言の内容の実現をするための方法、及び夫婦双方がお亡くなりになった後の残された相続人に対する内容が欠けている点をご指摘させて頂き、せっかくご家族のことを考えて遺言書を作成するのであれば、中途半端なものではなく、法律的に有効で、かつ残されたご家族に『争続』が発生しないような遺言書を一緒に作成しましょうとご提案致しました。

結果

 ご夫婦が作成された遺言書の内容を踏まえ、ご家族の間柄もお伺いしたうえで、他の相続人の遺留分に考慮し、かつ相続の順番によっても無効とならないよう文案を森川司法書士事務所で作成し、公正証書遺言をお作り致しました。

 将来の状況によっては、相続人の方たちもご高齢になり、相続手続きをすることが困難になる可能性や、遺言の実現の為の行為を相続人の一人がすることで発生する相続人間のトラブルを未然に防ぐために、遺言執行者を専門家である森川司法書士事務所でお受けし、遺言書についてもお預かりすることで、相続に関連するトラブルが未然に防ぐことが出来たと、ご夫婦は非常に安心されました。

解決事例の最新記事

相続・遺言無料相談受付中 0120-561-260

新着情報・解決事例・お客様の声

PAGE TOP