【相模原市/家族信託】将来の実家売却時の認知証対策を検討されている場合

ご相談者様の状況

相模原市に在住のお母様の判断能力の低下が心配という町田市にお住いの息子A様からのご相談です。

お母様は昨年お父様がお亡くなりになったのをきっかけに現在は相模原市の老人ホームにご入所されています。
ご入所された当時は、体調面に不安があったのですが、施設の手厚い介護により、いまは体調面も精神面もだいぶ落ち着いていらっしゃいました。ただ施設にご入所する際にご主人さまから相続した預貯金のかなりの割合を使ってしまったので、今後の生活費や入居費のことを考えて、戻る予定のない実家を処分したいとのことでした。ただお母様としては、お父様との思いが詰まった大切な家なのですぐには処分したくないとの意向で悩んでいらっしゃいました。しかし、今後もし、売りたいと思った時にはお母様の意思能力が低下してしまっていた場合にはどうなってしまうのか?と言うのがご相談の趣旨でした。

当事務所からのご提案

お母様が実家を一旦息子A様に信託する、「家族信託」を提案させていただきました。
『家族信託』を利用することで、息子A様は受託者として、信託された不動産を管理して、お母様が売却したいタイミングもしくは、例え意思能力が衰えて判断をすることが出来なくなってしまった後でも生活費や介護費等の現金が必要になったタイミングで処分をすることができるようになります。

もちろんその売却代金は、信託契約の内容にもよるのですが、一般的には、お母様の今後の生活のために利用する為のものですので、贈与や不動産取得税等の課税もなく、お母様も息子A様も安心です。

結果

お母様自身も、息子A様に今後のことはお任せしたいとお考えでしたので、お二人の希望をじっくりお伺いした上で、正式にお母様(委託者)→息子A様(受託者)→お母様(受益者) という家族信託契約を締結することになり、契約の準備、公証役場の手配から登記申請まで一括して対応させて頂き、ご家族からも将来の不安がなくなったとのお言葉を頂戴致しました。

解決事例の最新記事

相続・遺言無料相談受付中 0120-561-260

新着情報・解決事例・お客様の声

PAGE TOP