土地の分筆後の相続及び売却サポート

解決事例 分筆

お客様のご状況

相模原市に住んでいたお父様が亡くなり、町田市にお住いのご長男のA様が相談に来られました。相続人はA様と相模原市でお父様と一緒にお住いの長女のB様、座間市にお住いの次女のC様です。
相続財産はご自宅と自宅と同じ敷地内にあるアパートだけで、預貯金はほとんどございませんが、土地の評価が高く相続税が発生する状況の中、すぐに分配できる預貯金がない中で、どのように分けるといいかとのご相談内容でした。

 

弊所からのご提案

%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%a1-1

相続税の計算も必要な状況でしたので、提携税理士と検討したうえで、被相続人名義のまま分筆の登記をしたうえで、お父様と同居していた、B様が自宅部分をご相続。。アパート部分をA様とC様で共有にて相続して頂き売却して現金化することをご提案致しました。

 

 

結果

ご同居していたB様は、小規模宅地の特例により不動産の評価減を利用することにより、相続税を支払うことなく生活の拠点を維持することが出来ました。
またすでにご自宅をお持ちのA様C様は、2分の1ずつ共有で相続したアパートを弊所でご紹介いたしました提携不動産会社の協力により早期に売却することが出来て財産を現金化することができて非常にご満足いただくことが出来ました。

解決事例の最新記事

相続・遺言無料相談受付中 0120-561-260

新着情報・解決事例・お客様の声

PAGE TOP