何年も前に亡くなっている祖母の相続手続きを代行して欲しい

%e8%a7%a3%e6%b1%ba%e4%ba%8b%e4%be%8b%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f

状況

 群馬県にお住いのA様からのご相談です。A様のお父様・お母様は、町田市にお住まいですが、お父様が家の階段から転落し、足を骨折して入院してしまいました。
 お母様もご高齢で介護を必要とする状況だったので、A様がお見舞いに来て話をきいてみると、横浜市で経営しているアパートと相模原市にある駐車場が20年以上前に亡くなったお爺様と7回忌が終わったばかりのお婆様の名義のままになっていているとのことでした。さらにアパートと駐車場は亡くなったお婆様のゆうちょ銀行の名義の口座に今も家賃が振り込まれているとのことでした。
 入院前に何度もお父様も不動産の名義変更や、預貯金の解約のお手続きをしようと試みたのですが、集める戸籍や印鑑証明書等の資料の多さに途方にくれてしまい、結局手続きは終わらないままとのことでした。亡くなった祖父母の子供は、A様のお父様と横浜市にお住いの叔父様の2名でしたが、もちろん叔父様もご高齢で、役所や金融機関に何度も行くのは難しい状況でした。

司法書士からの提案

レジェメ笑顔 A様も最初はご自身で不動産の名義変更や、ゆうちょ銀行の口座の解約手続き等をしようと試みたのですが、ご自身が群馬にお住まいで、かつお仕事も忙しい状況でしたので、頻繁に平日にお休みを取りゆうちょ銀行や法務局に行くことも難しいとのことでしたので、不動産の名義変更の手続きのみではなく、預貯金の解約や払戻も可能な、『相続手続き丸ごと代行サービス』のご提案をしました。

結果

 お亡くになりになった祖父母の方の「相続手続き丸ごと代行サービス」の契約をA様のお父様と叔父様と締結し、戸籍の取得から、相続人の調査、遺産分割協議、ゆうちょ銀行の相続手続を無事に終了致しました。またゆうちょ銀行で相続手続きをする際に、残高証明書を取得し、さらにゆうちょ銀行内で相続人が把握していない口座が無いか調査を依頼した結果、追加で100万円ほどの預貯金のある口座が見つかり、相続人の方から非常に喜んで頂くことが出来ました。

解決事例の最新記事

相続・遺言無料相談受付中 0120-561-260

新着情報・解決事例・お客様の声

PAGE TOP