相続不動産を売却して、相続した負債を支払った場合

和知さん画像

お客様のご状況

町田市にお住まいのAさんは、お母様の介護をするためにお仕事も辞められて長い期間ご自宅で、高齢で認知症も患っていたお母様のお世話をされていました。 認知症を患っている点もあり、目を離すことが出来ず大変はご苦労をされていらっしゃいました。ただそんな長かった介護の生活が終わった時に気付いてみると各種税金の滞納や住宅関連の管理費や修繕積立金などの滞納による差押えがご自宅にされてしまっている状況でした。現状を何とかしたいとのことで、まずは相続と借金関係の整理をしなければとのことで弊所に御来所頂きました。

 

当事務所からのご提案

%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%a1-1

 Aさんの相続関係や借金関係を確認すると、亡くなったお母様の相続人はA様含めて5名。皆さま近隣にお住まいで、自立されていました。
 また借金関係を確認すると、A様は基本的にはご自身のいままでの仕事の蓄えで生活をしていて、ご自身名義の借金はなく、税金関係とお母様名義のご自宅の固定資産税や管理費修繕積立金などがあることが分かりました。ただその滞納税金関係が高額になっており、総額は数百万円という状況で放置しておくと差押えからの競売手続きに移行してしまうような御状況であることが判明しました。

 A様ご自身にはそんな高額の滞納税金を支払う余裕は当然ございませんので、相続人の皆様にお集まり頂き、現状のご説明をさせて頂きました。A様含めた相続人の皆様も高額の借金を一括で返済する術をお持ちではなかったので、相続財産であるお母様のご自宅を売却して、滞納税金を含む全ての借金を完済してしまい残りはお母様の介護を長年に渡りされていたA様に相続してもらいたいとのご意向でした。

 ただ問題は税金を長い期間放置してしまったので、ご自宅は差押えされてしまい今にも競売の手続きに移行してしまいそうと言ったところでした。ですので、相続手続き及び不動産の売却手続きをまとめて
弊所及び提携不動産会社の連携で進めることを提案させて頂きました。

 

結果

 通常の売却手続きではかなり時間が掛かってしまい競売になってしまう可能性が高かったのですが、弊社提携不動産会社との連携で相続手続き及び不動産の売却手続きを合わせて1ヶ月半で終えることが出来ました。 A様もお母様の滞納税金に悩まされる日々を終えられて、新居に引っ越し、新鮮な気持ちで現在は就職活動に励まれていらっしゃいます。 弊所は司法書士としての業務だけでなく、さまざまな専門家との窓口となることが可能ですので、今回の様な相続手続きだけでなく、それに付随する売却や土地の有効活用。建物のリフォームなどのご提案も得意としています。相続手続きのその後についてお悩みの方は是非弊所にご相談ください。

解決事例の最新記事

相続・遺言無料相談受付中 0120-561-260

新着情報・解決事例・お客様の声

PAGE TOP