不動産を売却して現金にして相続手続きをしたい場合

市原画像

相続人のご状況

10年以上前にお父様を亡くした町田市にお住いのA様は、その当時相続手続きをしようとしたが、相続人の一人のお母様が既に認知症を発症しており、遺産分割協議などが出来ない状況でした。もう一人の相続人である鹿児島在住の弟と話し合い成年後見の手続きはしたくなかったのでお母様がご存命の間は相続手続きをしないでおこうとお決めになられました。その後今年になってお母様が他界されたので、今後の手続き全般についてご相談にいらっしゃいました。
ご両親名義の預貯金などはほとんどなく、相続財産としては、千葉県にあるご実家の土地建物のみというご状況でした。相続税の問題もなく、ご兄弟のなかでは、不動産を売却して現金にしてしまってお分けしたいとのご希望でした。ただ相続人の弟さんが、鹿児島にお住まいとのことで出来るだけ手間をかけずに現金化することが可能かとのご相談でした。

ご提案内容

%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%a1-1

 

相続人はご兄弟2名で、資産は千葉のご自宅のみ。不動産を売却して現金化したい。でも遠方の相続人の手間は極力減らしたいとのご要望でしたので、弊所の『相続登記プラン』をご提案致しました。料金プランとしてはベーシックなものですが、『不動産の無料査定』がサービスでついてございますので、売却するにしても相場が分からなかったり、果たして現金化が可能な不動産なのか?などといった疑問にお答えすることが可能なプランです。また不動産を相続で取得してご売却する際にはいくつかの遺産分割の方法がございます。
ただその不動産が比較的早く現金化できそうなのか、それともお時間がかかってしまう可能性の高い不動産なのかによって分割方法がを変えた方がいいケースがございます。
今回は、無料査定を利用して、不動産の売却が可能と判断出来ましたので、手間を少なくする為に代表相続人のA様に不動産の名義を取得して頂き、売却して現金化後に相続人お二人でお分けする『換価分割』を致しました。

結果

相続財産の名義変更と、その不動産の処分の手続きがスムーズに進み非常にご満足頂きました。相続手続き及びそれに伴う不動産のご売却のお手続きは人生に1度あるかないかの大変なお手続きです。一つ一つをとっても、大変なお手続きですが、多くの場合が同時かもしくは非常に近いタイミングでしなければならないことが多くございます。
そのようなお手続きの際には、まとめで全てをご相談できる森川司法書士事務所にご相談ください。税務・法務だけでなく、相続に関連する様々な事態に最適な専門家と連携させて頂いて問題解決に努めさせて頂きます。

 

解決事例の最新記事

相続・遺言無料相談受付中 0120-561-260

新着情報・解決事例・お客様の声

PAGE TOP